Q4:"暖房しても寒い家と快適な家の違い"って?!

Q4:"暖房しても寒い家と快適な家の違い"って?!

A:暖房をしているのに足先が冷たくなってなんか寒い・・・そんな住まいは意外と少なくないって、ご存知ですか?今回はなぜ暖房しているのに寒いと感じてしまうのか、どうすれば快適になるのか、についてお話しますね。
昔の日本の家では、室内で囲炉裏やストーブで火を焚いて暖をとる「採暖」が一般的でした。
寒い屋外から家に帰ってきてストーブの前で凍えた体を温めるとき、いい気持ちになりますよね。でもずっとストーブの前に座り続けているとだんだん暑くなってきてしまいます。囲炉裏やストーブのような「採暖」では、"寒い"から"暖かい"に変わる短い時間だけいい気持になります。
一方で、暖房の場合は適切な室内温度で保っていれば寒さを感じることなく、ずっと同じ場所に座っていても逆に暑くなることもなく、体も心もリラックスしたままリビングに長居できます。それなのに足先が冷たくなってしまうのはどうしてなのかと言いますと、住まいの「気密」がポイントになります。
気密とは室内がどのくらい密閉されているかを示すものです。気密が低ければ、外の冷たい空気が下の隙間から侵入してきてしまい、エアコンから出る温風が上の隙間から屋外に漏れてしまいます。これが、暖房しているのに足先が冷えてしまう原因です。隙間がある家ではいくら暖房してもなかなか暖をとることは難しいですね。暖かく快適な室内にするためには建物の気密性能をしっかり確保することが大切です。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント