平日じっくり・夕方相談会御来場予約

平日じっくり・夕方相談会の御予約は下記のフォームに入力をお願いします。
平日じっくり・夕方相談会は18:30から開催しております。
ご要望に応じて時間の変更、相談内容の変更も可能です。

お名前(必須)
お電話番号(必須)
郵便番号 "-"は含めず半角数字のみでご記入ください。
都道府県(必須)
ご住所(必須)
メールアドレス
お申し込み内容 月曜日 家を建てるタイミング相談会 
火曜日 資金計画相談会 
木曜日 リフォーム相談会 
金曜日 家づくりをはじめる前に知っておきたい10のコト 
その他 
ご要望事項

イベントお申込み

弊社へのイベントお申込みは下記のフォームに入力をお願いします。

お名前(必須)
お電話番号(必須)
郵便番号 "-"は含めず半角数字のみでご記入ください。
都道府県(必須)
ご住所(必須)
メールアドレス
お申し込み内容

イベント選択

ご希望時間




ご要望事項

Q4:"暖房しても寒い家と快適な家の違い"って?!

Q4:"暖房しても寒い家と快適な家の違い"って?!

A:暖房をしているのに足先が冷たくなってなんか寒い・・・そんな住まいは意外と少なくないって、ご存知ですか?今回はなぜ暖房しているのに寒いと感じてしまうのか、どうすれば快適になるのか、についてお話しますね。
昔の日本の家では、室内で囲炉裏やストーブで火を焚いて暖をとる「採暖」が一般的でした。
寒い屋外から家に帰ってきてストーブの前で凍えた体を温めるとき、いい気持ちになりますよね。でもずっとストーブの前に座り続けているとだんだん暑くなってきてしまいます。囲炉裏やストーブのような「採暖」では、"寒い"から"暖かい"に変わる短い時間だけいい気持になります。
一方で、暖房の場合は適切な室内温度で保っていれば寒さを感じることなく、ずっと同じ場所に座っていても逆に暑くなることもなく、体も心もリラックスしたままリビングに長居できます。それなのに足先が冷たくなってしまうのはどうしてなのかと言いますと、住まいの「気密」がポイントになります。
気密とは室内がどのくらい密閉されているかを示すものです。気密が低ければ、外の冷たい空気が下の隙間から侵入してきてしまい、エアコンから出る温風が上の隙間から屋外に漏れてしまいます。これが、暖房しているのに足先が冷えてしまう原因です。隙間がある家ではいくら暖房してもなかなか暖をとることは難しいですね。暖かく快適な室内にするためには建物の気密性能をしっかり確保することが大切です。

家のこと、土地のこと、何でもお気軽にご相談ください!

弊社へのお問合せ・ご相談・資料請求は下記のフォームに入力をお願いします。
資料請求の場合、「資料請求する」にチェックをお願いします。

お名前(必須)
お電話番号(必須)
郵便番号 "-"は含めず半角数字のみでご記入ください。
都道府県(必須)
ご住所(必須)
メールアドレス
お問合せ内容(必須) 小冊子請求 
HOMAカタログ請求 
MIRAIEカタログ請求 
イベント予約 
相談予約 
ご要望事項

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント