山形を紹介していきたいと思います。第13話

今回ご紹介いたしますのは、後世に残したい「日本の原風景」棚田です。

画像1.JPG
山形県には「日本の棚田百選」に選ばれております棚田が3か所ありますが、今回はその中の一つ大蔵村の【四ヶ村の棚田】を紹介いたします。

四ヶ村とは「豊牧」「滝の沢」「沼の台」「平林」の四集落を総称する呼び名で、その歴史は古く1204年鎌倉時代が起源とされているそうです。
鳥海山と月山を望み、葉山の麓に四ヶ村があり、四季折々に見られる風景に心が和みます。

画像2.JPG
四ヶ村は現在、世帯数が約100世帯、人口約500人の山間の小さな集落ですが、棚田はなんと120ヘクタールにも及ぶそうです。
この棚田を保存していくためには多大な労力を必要としますが、四ヶ村も例外なく高齢化の波にさらされて、耕作を断念してしまうケースも多くなってきたそうです。
そこで、「日本の棚田百選」の認定をきっかけに、四ヶ村開発協議会や地域の代表、そして地元有志の約20名で平成14年に「四ヶ村棚田保存会」が立ち上げられ、今のその美しい日本の原風景が守られています。

毎年8月の第1土曜日にはホタル火コンサートが開催され夏の風物詩となっています。
約1200本のロウソクがホタル火となって灯り、オカリナやピアノが響き渡り、一夜限りの幻想的な世界が作り出されていますので、一見の価値はありそうです。

画像3.JPG画像4.JPG
この地域は蕎麦処としても有名で、県内外からそば通が訪れております。近くでは「ふるさと味来館」で美味しい蕎麦や山菜など地元の食材を使った"ふるさとの味"を食べることができますし、そば打ち体験(要予約)もできるそうです。

また、大蔵村には四ヶ村の棚田から約4kmに秘湯・肘折温泉がございます。
日帰り入浴が可能な施設もございますので立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

交通アクセス
JR新庄駅から車で約45分・25㎞
JR舟形駅から車で約20分・19㎞
JR新庄駅から村営バス・肘折ゆけむりラインバスの利用も可能

取材提供:T-Factory

山形を紹介していきたいと思います。第12話

今回ご紹介いたしますのは【二の滝】です。

二の滝は鳥海山麓にある滝で、鳥海山の豊富な水源によりこの地域には多くの滝があり、滝巡りを楽しめるのですが、その中でも以前に紹介した「玉簾の滝」(第9話)、「十二の滝」とともに飽海三名滝のひとつに数えられています。

【二の滝】の看板標識を追いかけながら鳥海山を道なりに登っていくと左側に駐車場が突然現れます。看板はあり、見逃しはしませんが突然現れるので急ブレーキには注意して下さい。駐車場のスペースは広めにあり、トイレと休憩場もあります。

駐車場をでて道路向かいに赤い鳥居が見えます。
ここが二の滝への入り口です。
【二の滝】が有名なので「二の滝遊歩道」と名前が付けられていますが、二の滝のほかにも【一の滝】【三の滝】といくつもの滝があり【月光川渓谷】と呼ばれており、二の滝のより奥は登山道になっております。

画像1.JPG
赤い鳥居をくぐって5分ほどで【一の滝】に到着できます。

画像2.JPG
林に囲まれておりますが遊歩道わき「一の滝神社」があります。この近くに「一の滝展望」と書かれた看板があります。そこには急な階段があり下っていきますと一の滝に出会えます。
小さなお子様と一緒に降りる際はしっかりと手を握って下て下さいね。
滝壺はエメラルドグリーンでとても美しい滝です。

二の滝へは一の滝神社の横を通り抜け、遊歩道をさらに奥へと進んで行きます。ここからの道は山道のようになっておりますので、しっかりとした靴を履くことをお勧めいたします。
一の滝から遊歩道をゆっくり歩いて25分くらいで【二の滝】へ到着です。
画像3.JPG
滝の正面にはさらに奥へ進むための橋がかけてありますが、ここが二の滝全
体をとらえられる撮影ポイントになります。

【二の滝】は左右に分かれてます。
橋からは滝壺が見えませんが上に展望台がありますのでここまで登ると滝壺もはっきりと見ることが出来ます。
滝の手前には大きな岩がありますので岩伝いに滝に近づくことができます。
画像4.JPG
ここで泳いで遊んでいる人もいるそうですがお勧めいたしません。
月光川渓谷は鳥海山の雪解け水で予想以上に冷たいです。泳ぎが得意であっても、体力に自信があっても、予想以上に体力を奪われてしまいます。もしもの事があっても救急やレスキューが到着するまでかなりの時間を要します。

【一の滝】も【二の滝】もすばらしい滝です。遊歩道もしっかりと整えられていますし、展望台もしっかりとしたものですので安心して歩くことができます。ご家族連れにもお勧めです。

是非、暑い夏に涼を求めて行ってみてはいかがでしょうか。
また二の滝は、冬季になりますと全てが凍りつき、氷柱となりますのでこちらも一見の価値がありますが、その際は必ずガイドを付けて行ってください。


交通アクセス
JR遊佐駅から車で20分
山形自動車道 酒田みなとICから車で35分

取材提供:T-Factory

山形を紹介していきたいと思います。第11話

今回は鶴岡市鼠ヶ関の【弁天島】をご紹介いたします。

画像1.JPG
この弁天島ですが、もともとは離れ小島だったそうですが、現在では遊歩道なども整備され島を1周15分程度で気軽に周遊できるようになってます。もちろんシンボルとなる鼠ヶ関灯台までも散策できるようになってます。遊歩道を周遊すると見渡す限り日本海が広がります。

画像2.JPG
夕日が落ちる時間帯は日本海に沈む綺麗な夕日を見ることもできます。

画像3.JPG
平成28年8月には日本ロマンチスト協会と日本財団が共同で実施する「恋する灯台プロジェクト」において、この鼠ヶ関灯台が【恋する灯台】として認定されたそうです。

画像4.JPG
港から張り出した弁天島は昔から船からの目印とされていた事で、古くから神聖され市杵島姫命(宗像三女神の一神)の分霊をき勧請し厳島神社が祀られております。
例祭でもある「神輿流し」は毎年4月15日に勇壮に執り行われているそうです。

画像5.JPG
またその昔、源義経が兄の頼朝に追われ、奥州平泉に向かう途中に上陸したのが【弁天島】と伝えられており、昭和41年の大河ドラマ【源義経】にちなみ厳島神社境内に記念碑も建てられてました。。

画像7.JPG
近くには鼠ヶ関鮮魚センターもあり、その日にあがった鮮魚やイカの一夜干し、タコの一夜干しなどが売られておりますので是非ご賞味いただければと思います。

湯の浜海岸から鼠ヶ関海岸までの国道112号線⇒県道50号線⇒国道7号線の約35㎞はドライブやツーリングを楽しむ方が多く、夏になると県外からも多くの観光客が訪れるスポットになります。

画像6.JPG
鼠ヶ関には漁港のほかにも海水浴場やキャンプ場、イベント会場もありますので、この夏にお出かけになってみてはいかがでしょうか。

交通アクセス
・あつみ温泉ICから車で約15分
・朝日まほろばICから車で約50分
・JR鼠ヶ関駅から徒歩約10分

取材提供:T-Factory

山形を紹介していきたいと思います。第10話

今回の紹介はカフェです。
温海温泉街のどまんなかにあります足湯カフェ・Chitto Motche'
お店の名前が気になり出かけてみました。

庄内弁で
チット・モシェ=ちっと、もしぇ=少しおもしろい
気になりますよね!

国道7号線を鶴岡市から新潟方面へ向かい、あつみ温泉街へ左折していきます。
左折した後は道なりに進んで行くとあつみ温泉の名立たる名旅館が見えてきます。
その中でも有名な萬國屋さんがありますが、萬國屋さんの前の川を挟んだところに足湯カフェChitto Motcheがありました。
前面の道路は一方通行になっているので少しぐるぐる致しましたが、名旅館は立ち並ぶものの、そんなに大きな温泉街ではないので道に迷うということはありませんのでご安心ください。

画像1.JPG
店先に足湯がありました。足湯っていつの時期でも気持ちいですよね。僕自身、温泉が大好きなので、足湯につかりながら珈琲を頂けるというのは本当にうれしいです。
天気が悪い日でも足湯が楽しめるように、屋根壁で囲われているスペースもあり本当にお客様に楽しんでいただきたいという思いが伝わってきます。

店内に入ると落ち着いた面持ちで、飾られているものも地元の人たちによって造られたものや陶芸品。お店の飾りつけもオーナーのこだわりを感じます。込み合う時間でなければ本を読んだりしながら1人の時間を満喫するのも良いでしょうし、友達やご夫婦でゆっくり話をするのにも良い空間だと感じました。

今回僕が訪れたのはランチタイムでしたので、多くの人でにぎわっていました。
たまたま2人座れるスペースがあり、待ち時間なく席に着くことができました。
僕はクレンナ ド アッケナ カリーの牛ステーキのせ、
一緒に行った妻はエビドリアを注文し、
画像2.JPG

せっかく来たのだからと後がけ抹茶のハニートーストも追加注文。
画像3.JPG

結果、おいしく間食し、お腹いっぱいになりました。

お店の前にきれいな川が流れていて、しかも自然を感じられる場所にあるので四季折々の景色を楽しみながら伺うのも良いと思います。
画像4.JPG

ドライブやツーリングの途中に寄るのにも最高の場所だと思います。

取材提供:T-Factory

山形を紹介していきたいと思います。第9話

今回ご紹介いたしますのは、1200年前に弘法大師が見つけたと言われております【玉簾の滝】になります。

画像1.JPG
玉簾の滝は酒田市(旧八幡町)、JR酒田駅から車で40分と結構な山奥になります。
山形県庄内エリアには弘法大師伝説が多く残っておりますが、その弘法大師がおよそ1200年前に不動明王の化身のお告げにより発見し、玉簾の滝と命名したとされる滝は、山形県随一の高さ63m、幅5mの直瀑になります。

画像2.JPG
かつては修験場だったそうで、滝の前には「御獄神社」が祀られております。

現在は駐車場から遊歩道も整備されてまりますので約300m、7分程度で玉簾の滝にたどり着きます。

画像3.JPG
周辺は杉の大木で囲まれておりパワースポットとしても人気があり、マイナスイオンで包まれておりますので、心の清浄にも良いと紹介されております。

1999年からはゴールデンウィークとお盆の時期にライトアップも実施され、日中とは装いの違う幽玄な世界を楽しむことができますし、冬の寒さが厳しい季節には氷瀑を見ることもできるそうです。ただし、冬季間の除雪は土日、祝日のみになっておりますので、雪が降った平日は車が通れないことが有りますのでお気を付けください。また冬季間の駐車場から玉簾の滝までの遊歩道は原則的に除雪されませんのでカンジキが必須になります。

画像4.JPG
暑い日はマイナスイオンを感じながら滝を眺めるだけでも涼を感じますが、駐車場内の産直で売られているソフトクリームで体内から冷やすこともお勧めです。この産直のソフトクリームがかなり人気が高いですので訪れた際にはぜひご賞味いただければと思います。

画像5.JPG
玉簾の滝をはじめ、鳥海山山麓には山形県側だけでも数多くの滝がございますので、今後はそちらも紹介してきたいと思います。
滝も見る為に結構歩かないと見れないものもありますが頑張ります。

取材提供:T-Factory

山形を紹介していきたいと思います。第8話

今回は、全国的にも有名な銀山温泉を紹介したいと思います

画像1.JPG
銀山温泉は山形県と宮城県の県境にあります。
山形県の南北を横断している国道13号線を尾花沢市から国道347号線に入ると銀山温泉まで標識が案内をしてくれますので安心です。
画像2.gif

ただ、村山市からの県道29号線は避けて頂いた方が良いと思います。特に車は気を付けて下さい。道幅がかなり狭い山道です。それと、国道347号線で冬に宮城県側からお越しの方は冬季通行止めになりますので交通情報を確認の上で行くことをお勧めいたします。

銀山温泉には1456年・康正2年に見つけられてからですので565年の歴史が刻まれておりますが、現在の風景は昭和元年に源泉のボーリングで高温
多量のお湯が出てからになります。高温多量のお湯が出たことにより各旅館は、一斉に洋風の3層、4層の木造構造に建て替えていったと言われております。
交通網も当時は尾花沢から1日がかりだったそうですが、現在は尾花沢市から車で30分で到着できるようになってます。
戦後には温泉街の洋風化も和風に変更されていき、昭和61年に「銀山温泉家並保存条例」が制定され、風情ある温泉街を保存し観光復興に生かされ、今も伝統ある温泉街を街をあげて守り続けられています。

画像3.JPG
銀山温泉のシンボルと言えば国の重要文化財にも指定されている老舗「能登屋旅館」になります。能登屋旅館には大正ロマンの雰囲気が感じられる本館と和モダンが魅力の別館がありますが、よく写真等で見られる川沿いの建物は本館になります。

画像4.JPG
画像5.JPG
温泉街入り口になる橋からの眺めも有名ですがやはり夜景の方が綺麗かもしれません。
帰りは空間工房のスタッフに、名物の「揚げ饅頭」を購入させて頂きました。

今回は取材の為に訪れましたが、次回は宿泊させて頂き時間の流れをゆっくりと感じてみたいと思います。

取材提供:T-Factory

山形を紹介していきたいと思います。第7話

今回は映画のロケ地を紹介したいと思います。
山形県鶴岡市には庄内映画村オープンセットという、広さ88ヘクタールもの広大な敷地を持つ映画村があります。
ここでは多くの映画が撮影されており、
○たそがれ清兵衛
○蝉しぐれ
○十三人の刺客
○ICHI
○座頭市THE LAST
○超高速!参勤交代
などなど。

その中から今回は今話題の、るろうに剣心のロケ地を紹介したいと思います。
o0800038913028555292.jpg
山形県では2014年公開の"京都大火編/伝説の最後編"が撮影されました。

先ずは、
【文翔館】
志々雄をたおすために伊藤博文が剣心を呼び出したシーンが撮影されたのが文翔館になります。館内には撮影シーンがPOPとして置かれてますので剣心(佐藤健)と同じ場所に立ちたい方は是非行ってみて頂ければと思います。
画像1.JPG

文翔館の中庭も撮影で使われております。赤レンガの壁と石畳が幕末から明治へ移る激動の時代の雰囲気を醸しだしてます。
画像2.JPG

【庄内映画村】
映画村セット内・漁村エリアの商家屋敷の中庭で撮影されたのが剣心の逆刃刀が宗次郎におられるシーンです。志々雄の望む新時代構想に怒りを見せ、志々雄に刀を取るように言ったが戦ったのは宗次郎と剣心でした。
画像3.JPG

その他にも志々雄の一味が村を襲い、村人を吊し上げたのも映画村内で撮影されているそうです。
画像4.JPG

【鳥海山大物忌神社蕨岡ノ宮】
新井青空の娘、伊織を人質に取って、新井赤空が打った最後の一振りを求めた張だったが、剣心を信じた青空は「逆刃刀真打」を託します。逆刃刀真打を手にした剣心に張が敗れたシーンをこの神社で撮影されてます。
画像5.JPG画像6.JPG

【小物忌神社】
日本刀を打つときは2本同じものを打つと言われてます。その中で出来の良いものを「真打」、出来の悪いものを「影打」と言われているそうで、剣心の逆刃刀が宗次郎におられてしまいますが、剣心が持っていたのは「影打」。で、新井赤空が打った最後の一振り「逆刃刀真打」が奉納されていたのがこの神社になります。
画像7.JPG

【庄内砂丘】
志々雄の船から佐渡島方治に海へ放り投げられた薫が意識を取り戻し、病院から抜け出し立っていたシーンがだいたいこの辺りかと思われます。
画像8.JPG

イヤー、佐藤健をはじめ大物俳優が沢山、山形県を訪れていたとは感激です。

山形県では他にも沢山の映画が撮影されてますのでどんどん紹介していきたいと思いますので、映画ファンのみならず、好きな俳優さんが訪れた場所、撮影した場所として観光のついでに回ってみるのもいかがでしょうか。


取材提供:T-Factory

山形を紹介していきたいと思います。第6話

今回は山形県西川町にある夏スキーのメッカ、月山スキー場を紹介いたします。

コースデーター
標高1984m・月山山麓
リフト1基
Tバーリフト2基(シーズンにより変動)

沢コース
リフトを降りて左側手前にあります。
このコースは圧雪されてますので滑りやすいコースになります。少々すり鉢状になってますのでコース幅が狭いわりにスピードが出ますので、接触等の事故には十分気を付けて下さい。朝一の足慣らしには最高の斜面です。

大斜面コース
月山名物の大斜面。リフトを降りたら、左側奥にトラーバースして行く感じになってます。
ゴールデンウィーク頃からは全体的にコブ斜面になります。モーグルナショナルチームも練習に来てますので、タイミングが合えば世界基準の滑りが見れるかもしれません。
僕は何時も太めの板を履いているのでコブ斜面には苦労させられていますが、楽しいのは間違いないです。

バックカントリー
月山と言えばバックカントリーが有名です。
リフトを降りたら、目の前に姥ゲ岳(標高1670m)が見えます。姥ゲ岳山頂までハイク(Tバーリフトがあれば楽)してバックカントリーへ。コースは多彩にありますが、月山スキー場に戻るには車が必須ですし、雪崩が発生する危険性もあります。自己責任という範囲を超えますのでガイドを付けて安全に楽しみましょう。月山は多くのガイドチームが案内を行っておりますので、自分の技量に合わせて申し込みましょう。

今回は1人で滑りに来たのでバックカントリーは断念。
でも、姥ゲ岳山頂までは行ってみようと思います。
駐車場料金は、環境美化協力金として500円。
画像1.JPG

駐車場からリフト下駅まではおおよそ20分のハイクですが、運が良ければスキー・スノー―ボードを雪上車で運んでくれるので以外に楽です。僕が言ったときは雪上車が動いておらずリフト下駅まで歩きました。
歩いている途中も良い景色です。
天気が良かったのでこんな写真も撮れました。
画像2.JPG

リフト券はこの下駅小屋で購入できます。今回は1回券3枚購入してリフトに乗り込みました。
後方に朝日連峰、左に大斜面、本当にいい景色です。
画像3.JPG
画像4.JPG

先ずは、足慣らしに沢コースを1本。
画像5.JPG

圧雪されているとはいえ春雪ですので以外に疲れました。
2本目は月山サイドへ。滑りなれているとはいえ、毎年雪の付き方が違いますので慎重に滑っていきます。
3本目は姥ゲ岳山頂まで20分のハイク。
画像6.JPG

姥ゲ岳山頂から見える景色も絶景です。
画像7.JPG

今回は少し雲に隠れてしまいましたが遠くには鳥海山も見れます。
画像8.JPG

ここから湯殿山スキー場や湯殿山神社へ滑っていくコースが好きなのですが、行きたい気持ちを抑えて大斜面方面へ。
画像9.JPG

大斜面は、まだシーズン初めなのでコブもなく気持ちよく落ちれました。

今回は時間がないのでこれまで。
5月、6月、7月と、月が進むにつれて滑走可能エリアが縮小していきますので、当日のゲレンデ状況は必ず確認して滑走して下さいね。
https://mtgassan.gassankanko.jp/

それと、月山スキー場ならではの僕なりの注意点。
※日差しが非常に強いです。日焼け止め対策はしっかりした方が良いと思います。
※トイレの数が少ないです。早めに済ませておく方が良いと思います。ギリギリだと・・・。
※このシーズンの雪はマテリアルがかなり汚れます。滑走後しっかりとした手入れをお勧めいたします。
※週末はレストランが激込みです。美味しいのですが激込みです。時間がもったいない!と思う方は、食べ物飲み物を持って上がることをお勧めいたします。
 (近くにコンビニやスーパーはございません。日本海側からであれば鶴岡市、太平洋側からであれば寒河江市あたりで調達することをお勧めします。)

スキー・スノーボードシーズンもあと少しです。
楽しみましょう!


取材提供:T-Factory

山形を紹介していきたいと思います。第5話

今回、ご紹介いたしますのはトトロです。
いやいや、失礼いたしました。
山形県鮭川村にございます【小杉の大杉】です。

今回訪れましたのは鮭川村小杉地区にある1本の大きな杉の木です。
IMG_2891.jpg
樹齢は1000年といわれておりまして、太さ6.3m、高さ20m、幹が3本に分かれておりまして、その根元には山神様が祀られていました。

IMG_2876.jpgのサムネイル画像
ご覧のとおり、宮崎駿監督作品「となりのトトロ」のトトロにに見えるところから【トトロの木】として有名になりましたが、もともと【夫婦杉】【縁結びの杉】【子宝の杉】とも言われ、パワースポットとしても知られており、今では観光スポットとして多くの観光客が訪れているようです。
田んぼの中に1本だけそびえ立っている姿は本当にトトロが立っているようで、村の人からも長く慣れ親しまれてきした。

この小杉の大杉には多くの言い伝えが存在して、村内で語り継がれているようです。今度はそんなお話もタイミングが合えば伺わせていただきたいと思います。

私自身この小杉の大杉を訪れたのは初めてで、正直言って何度か道に迷いました。
道路幅が狭く、曲がりくねった道が多いため、きょろきょろしながらの運転もできませんので、車を止めては確認して何とかたどり着きました。
正直言って、カーナビではなかなか苦労するかもしれませんので、スマートホンの地図アプリをお勧めいたします。

IMG_2874 (1).jpg
駐車場に到着しますと、展望台(?)がありまして、そこに撮影ポイントが分かる看板が御座いましたので、そこから歩くこと3分、確かにトトロいました。
ここを訪れた日に、しばらく会えていなかった人に会えたりと、偶然なのでしょうが縁結びの御利益を頂いたような気がします。

皆さんも【トトロ】に会いに行ってみてはいかがでしょうか。

〒999-5206 山形県最上郡鮭川村大字曲川113-2
お問い合わせ 鮭川村観光協会 0233-55-2111

取材提供T-Factory

山形を紹介していきたいと思います。第4話

今回のご紹介は、鶴岡市の【龍王尊・善宝寺】です。
このお寺は、龍神の寺として知られておりまして、海の守護神として全国から多くの参拝者が訪れているそうです。

善宝寺の敷地は21ヘクタール、65,000坪のも及び、1通り参拝すると3時間はかかると思います。社寺仏閣を見て廻るのが好きな人は1日かけても面白いかと思います。

龍王尊善宝寺の入り口になります。
画像1.jpg
道路を挟んで筋向い、もしくは鶴岡市内からですと手前に駐車場があります。個人的には筋向かいの駐車場の方が舗装されていますのでそちらの方をお勧めします。

敷地内の入るとまず見えてくるのが【総門】になります
画像2.jpg
総ケヤキ造りの総門には十二支が細やかに彫刻されていますが、酉(とり)は戦時中に盗まれているため1支欠けています。また、辰(たつ)は龍の姿で彫刻をされていないのでよく探してみてください。この彫刻は1856年に再建された際に剣持藤吉が30歳のころ、気迫を込めて彫ったものと言われているそうです。

総門をくぐりますと正面に見えるのが【山門】です。
画像3.jpg
この山門も総ケヤキ造りになっており、屋根は銅板葺きの楼門になります。
構造は複雑で1862年に再建が始まり1867年5月に5年以上の年月をかけて上棟式を迎えたという記録が残っているそうです。門内には右に【毘沙門天】、左に【韋駄天】が祀られており門を護っておりますが、お寺さんでは珍しいそうです。

総門をくぐって左手には【五重塔】が存在感を醸し出してます。
画像4.jpg
1893年に建立された五重塔は高さ38メートルあるそうです。
大日如来を表す心柱は塔中央に上から分胴のように吊るされており振り子の役割として免震構造なっていて、明治27年マグニチュード7.0直下型地震の酒田地震の時も、3.11東北大震災にもひび割れが一つもなかったそうです。
また、この五重塔は最上階の屋根が扇垂木になっているところも見どころです。
(画像をアップにして見てください。)

山門を抜けると石段が見えます。
画像5.jpg
この石段を登りきると【本堂】です
画像6.jpg
本堂の奥が【龍王殿】となりますが、太清椿大和尚が1443年に開山した際に守護神の龍神様を祀るために創立したと言われており、1833年に再建された権現造りの荘厳な伽藍になります。
この龍王殿は竜宮城を模して造られているそうで、彫刻には滝登りをして龍に変化しようとしている鯉や、波しぶきが彫刻されており龍と海との繋がりを表しているそうです。
2016年には黄金の扉が御開帳されて、史上初めて龍神様の御尊体が一般公開されて日本全国から多くの方々が参拝に訪れて手を合わせたそうです。
龍王尊善宝寺様では多くの人を受け入れてりまして、僕自身も座禅を組ませてもらいに時折伺わせて頂いております
画像7.jpg

龍王尊善宝寺といえば、平成2年に1大ブームをつくった人面魚が有名なのですが、今もいるのでしょうか。
【龍神堂(奥の院)】にも足を延ばしてみました。
本堂から歩くこと15分、龍神堂手前にあるのが【貝喰の池】になります。
画像8.jpg
池の淵を歩きながら探しました。鯉も多いのですが、亀も多かったですね。亀が優雅に泳いでいる姿を初めて見たような気がします
画像9.jpg
探すこと10分、人面魚らしき鯉が!
画像10.jpg
分かりにくいかもしれませんが、画像中央付近の金色の鯉です。僕には人面魚に見えるのですがいかがでしょうか。
貝喰の池は龍神伝説が多く残るパワースポットでもありますので是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

日本全国から多くの参拝者が訪れる【龍王尊・中尊寺】にはまだまだ魅力がいっぱいございます。皆様自身でその魅力に触れる旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

http://ryuoson.jp/


取材提供:T-Factory