山形を紹介していきたいと思います。第10話

今回の紹介はカフェです。
温海温泉街のどまんなかにあります足湯カフェ・Chitto Motche'
お店の名前が気になり出かけてみました。

庄内弁で
チット・モシェ=ちっと、もしぇ=少しおもしろい
気になりますよね!

国道7号線を鶴岡市から新潟方面へ向かい、あつみ温泉街へ左折していきます。
左折した後は道なりに進んで行くとあつみ温泉の名立たる名旅館が見えてきます。
その中でも有名な萬國屋さんがありますが、萬國屋さんの前の川を挟んだところに足湯カフェChitto Motcheがありました。
前面の道路は一方通行になっているので少しぐるぐる致しましたが、名旅館は立ち並ぶものの、そんなに大きな温泉街ではないので道に迷うということはありませんのでご安心ください。

画像1.JPG
店先に足湯がありました。足湯っていつの時期でも気持ちいですよね。僕自身、温泉が大好きなので、足湯につかりながら珈琲を頂けるというのは本当にうれしいです。
天気が悪い日でも足湯が楽しめるように、屋根壁で囲われているスペースもあり本当にお客様に楽しんでいただきたいという思いが伝わってきます。

店内に入ると落ち着いた面持ちで、飾られているものも地元の人たちによって造られたものや陶芸品。お店の飾りつけもオーナーのこだわりを感じます。込み合う時間でなければ本を読んだりしながら1人の時間を満喫するのも良いでしょうし、友達やご夫婦でゆっくり話をするのにも良い空間だと感じました。

今回僕が訪れたのはランチタイムでしたので、多くの人でにぎわっていました。
たまたま2人座れるスペースがあり、待ち時間なく席に着くことができました。
僕はクレンナ ド アッケナ カリーの牛ステーキのせ、
一緒に行った妻はエビドリアを注文し、
画像2.JPG

せっかく来たのだからと後がけ抹茶のハニートーストも追加注文。
画像3.JPG

結果、おいしく間食し、お腹いっぱいになりました。

お店の前にきれいな川が流れていて、しかも自然を感じられる場所にあるので四季折々の景色を楽しみながら伺うのも良いと思います。
画像4.JPG

ドライブやツーリングの途中に寄るのにも最高の場所だと思います。

取材提供:T-Factory

PageTop